「FrontWing 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビュータイトルリスト

【レビュー】グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-

ブランド:FrontWing
シナリオ:藤崎竜太、桑島由一、かづや、鳴海瑛二
原画:フミオ、渡辺明夫、ななかまい(SD原画)
発売日:2013/05/24

詳細はこちら
『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定


ネタバレと思わしき箇所は伏せてあります。
読まれる方は、お手数ですが反転をお願いします。




▼シナリオ・テキスト
メインシナリオでシリーズ完結編である『ブランエールの種』、学園の黎明期から果実直前までを由美子視点で描いた『プロローグ』、ブランエールの種エピローグ後の『楽園アフター』、Hシーン補完の『デイブ教授の抜きまくりChannel』の四つで構成されています。


『ブランエールの種』
期待通りの笑いあり涙あり燃えありの展開でした。進退窮まった状況の中で、各々の引くことができない心の描写は目を見張るものがありました。一般人活躍しすぎじゃないの?という疑問もありますが、完結編として多少のご都合主義はご愛嬌。学園のヒロインたちからヤブイヌ小隊、市ヶ谷のメンバーに至る、迷宮までで登場した多くのキャラクターにそれぞれ見せ場があったのは良点です。
タナトスさん(一姫)と天音、雄二の再開シーンはともに感動モノで、激動の展開の中で語られ記憶には残りづらいかもしれませんが、私一押しのシーンです。
期待通りの出来だったわけですが、言いかえれば予想の範疇だったのは残念でした。果実や迷宮で見せてくれた驚きを、もう一度味わいたかったです。

雄二救出後の展開が、駆け足過ぎたかな、とも思います。雄二の感じる因縁やオスロの執着など、もっと心理描写を濃く描いて欲しかったところです。
惜しむらくは雄二のコピー・デュポーンの登場のさせ方ですね。オスロはあっけなく死ぬので、心理的な要因はともかく戦闘描写では事実上のラスボスな訳ですが、登場退場ともに唐突かつあっさりとしすぎで、燃える展開に水を差すようなキャラクターでした。迷宮から伏線を散りばめながらの登場だったら良かったかな、と思います。

三部作の完結編として。
麻子の死に直面し目標を失った雄二は、麻子との約束を果たすために5人の人物を救っていくことだけを生きる糧とした。一方で、殺人装置としての自分を俯瞰することで、自らの「個」を殺して装置・機械としての自覚を得た彼は、いつでも自分の在り方に疑問を呈し、迷宮に迷い込んでいく。
ヒロインたちは一度は散った花・堕ちた果実ではあったが、そこに微かに残った種は雄二の助力を経て過去の自分と、現在の困難と向かいあい成長し、果実を実らせていく。かくして雄二なしでは生り得なかった果実は、雄二を泥沼の迷宮から引っ張り上げる存在へと昇華した。
堕ちた果実は再び樹に戻ることは無いが、残った種はやがて樹となり再び果実を実らすことが出来る。雄二を「個」として認める果実たちは、彼が「個」として再起する可能性を提示した。自分一人では迷宮に埋もれたままであった種たちは、お互いに認め合い助け合うことで迷宮から脱し果実をならし、ついには楽園に辿りついたのである。
ヒロインの果実を再び実らせる『グリザイアの果実』、雄二を迷宮に迷い込ませた経験を語る『グリザイアの迷宮』、果実たちが手を取り合い楽園を実らせていく『グリザイアの楽園』、見事な三部構成だったかと思います。

「個」を他者との関係で描く方法はシリーズを一貫して使用されています。救い上げてくれたヒロインたちも、打倒する敵も、今でも慕ってくれるかつての仲間たちも、雄二の歩いてきた過去であり「個」を形成するものであることが分かります。
「グリザイア」(=灰色)とは白でも黒でもないものとして、混ざり合うことで生まれる「個」の存在を表しているのではないかと考えています。他にも暗い過去を捨てずに未来に希望を見出すことなど、「グリザイア」と言うキーワードは様々な意味合いを持っていて、断言が出来ないものだとも言えるでしょう。
たどり着いた楽園が個人所有の孤島という身内だけに限られた閉じた世界だったのは、各々が社会の中で傷つけられ牢獄のような学園生活で傷をいやしていった結末が、心理描写だけでなく目に見える形として示したものだったのかと思うと、素晴らしい表現技法だと絶賛したくなりますね。

最後の選択肢は、「ヒース・オスロ」という装置として人類の楽園を守るか、「風見雄二」という個の存在として閉じた楽園を作り上げていくか、という取捨選択による過去の清算がなされていて、とても深く考えて作ってあるのだと感心しました。どちらのENDでも、それに応じた納得の締め方であり、とても楽しめました。


『プロローグ』
『グリザイアの果実』の直前までのお話で、由美子視点で次々に転校してくるヒロインたちとの関わり・適度な距離を測っていくシナリオ。ヒロインの各々が多分に「普通じゃない」影を持ちながら、それでも友情と呼べるかもしれないものを育んでいく物語です。
それぞれの関わりの作り方を見ていくのは多分に個性が出ていて、楽しめました。
これも一つの「楽園」の解だったのではないでしょうか。そう考えると、『グリザイアの果実』での由美子のいきなりの敵対行動(自衛)に関しても今まで以上に納得のいく説明ができ、この『プロローグ』はシリーズの黎明としてとても作り込まれた面白いシナリオだったのかと思います。


『楽園アフター』
『ブランエールの種』の後日談。結果的には雄二ハーレムとも言える「楽園」で、女性たちとの関係にどのように折り合いをつけていくのか。


『デイブ教授の抜きまくりChannel』
Hシーン補完。サブヒロインたちとの性交渉が楽しめます。今作では幼少期雄二多め。
詳しくはHシーンの項で。



▼世界観・雰囲気
暗い過去の話は前作までで出しきったからか、シリアスパートでも陰鬱とした雰囲気は少なく、燃え展開が多めです。



▼キャラクター・CG
タナトスさんかわいい。脳味噌だけが埋め込まれた機械で終わるでもなく、肉体が出てきたのは本当に良かった。Hシーンもifじゃなかったですし。裸白衣エロかわいいです!
それにしてもこの姉弟、義手に対する認識が酷い(褒め言葉)。

『プロローグ』で人に懐くまでの、コミュニケーション不全時の蒔菜が見れて大変に満足しました。
かわいいですよね。すごい虐めたくなります。

前作までから登場するキャラクターたちは既に、過去作である程度の説明がある中での立ち回りだったので魅力を感じました。一方で今作から新たに登場するキャラは新たに深い説明がなされるでもなく表面的なもので終わり、それでいて過去作から引き続き登場するキャラクターと同列で活躍させるものですから、薄っぺらい人物像で終わってしまったように思えます。

フミオ先生はワイド画面の使い方がどんどん上手になっていきますね。空白を上手く使ってみたり、引きの構図にしたり、キャラクターたちを並べてみたり、角度を付けすぎずに遠近感を出してみたりと、この手法はワイド画面を採用する作品で絵師をやられている方は是非取り入れて欲しいところ。
画面効果は基本的には良いのですが、打撃の単調な演出は幅を見せて欲しかったところです。

ただ、雄二のCGに関しては……二人の絵師さんの差異が、作品を重ねるごとに酷くなっていくのはなぜだろうか。違和感が大きすぎます。もう少し似せる努力をしてほしいところです。

そしてチルチルのSD絵出演率が75%を越えている件について(13枚/17枚、差分含まず)。
みちる様が絡むシーンはギャグ・コメディパートが多く、SD絵に出しやすいんだろう、と納得はいきますが、他のSDキャラももっと見たかった。



▼Hシーン
CGは十二分にエロいです。てかり塗りは若々しい肉質がよく出ていて良いと思います。フミオさんの描かれる恥丘やお尻のぷっくりと膨らんだラインは大好物です。
テキストは欠点は見当たりませんが、ギャグパートと同じノリの会話が続くので、全く抜けないって方はいるかも。

各ヒロイン一回ずつしか無いのが心残りです。一姫とのシーンは後3つ欲しかった。バスケ部とのシーンの最中or直後に嫉妬に狂った一姫とのシーンとかあっても良かったのでは……。後は、『ブランエールの種』でも一姫とのシーンが欲しかったところ。
『ブランエールの種』『プロローグ』にはHシーンはなく、全てが『楽園アフター』と『デイブ教授の抜きまくりChannel』のものです。

シーン内訳
由美子:1、みちる:1、3P(蒔菜・幸):1、天音:1、一姫:1、ミリエラ:1、キアラ:1、千鶴:1、ギャレット:1、JB:1、聡子:1、滝園学園バスケットボール部員達:2
合計:13



▼音楽・ムービー
プロローグOPは素晴らしい出来だと思います。しかしやはり走る由美子。ランナーよし子。流石昼下がりの団地妻。
「FISSION」も勢いがあり聴き惚れる曲。

追加BGMも秀逸。



▼システム
Hシーンだけでなく全てのシーンにタイトルを付け、回想で好きなところだけを見られるようにしてあるのはこのシリーズの良点です。
シーンスキップがあるのも快適です。



▼その他
システム画面でテキスト既読率が見れるのですが、100%にするのが大変です。
『デイブ教授の抜きまくりChannel』の冒頭アナウンスの種類が多く、Channelに何度も出入りをしなくてはいけない地味な作業をしなくてはいけません。



▼総評
80点
※点数について
60点を中央値(佳作)とし、基本的に5点刻みで評価しています。一部、±1点ぶれが入ることもあります。
90点以上なら神作。40点以下なら駄作。

三部作完結編として見るなら85点越えもあり得るのではないかというのが、個人的な評価です。個別の作品としては70~75点程度。三部作の完結編であることは確かですが、個別の作品としてフルプライスで発売しているという事実にも目をつぶってはいけないと思い、中間の点数にしてみました。
もう果実から2年が経ったからか誰も口に出しませんが、FrontWing10周年記念作品の完結編でした。10周年記念シリーズとして良い締めだったと思います。

個人的なことを言わせていただくと、サ○バーヨンバー(軽トラ)が活躍していたのでそこは100点。
そして、発売前体験版をやって「Hシーン無いだろ」とか言ってた奴ざまぁ! あ、口が悪くて申し訳ないです。友人に無い絶対無いと言われ続けて、一姫派として大変フラストレーションが溜まっていたので。
スポンサーサイト
レビュータイトルリスト
筆者の日常を綴ったBlogはコチラ
2013年10月購入予定

期待作

うそつき王子と悩めるお姫さま 応援バナー

購入先:未定



購入予定

購入先:ソフマップ


グリグリ応援バナー

購入先:未定


『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

購入先:未定


購入先:未定


HOUND -Targeting Hunting-

購入先:未定


机乙女。

購入先:未定


蒼穹のクレイドル -人形学園調教記

購入先:未定


購入済


購入候補

『ココロ@ファンクション!』 「ひなたのつき」応援バナー 通勤痴漢電車 アキバ行き ~女子校生に這い寄る無数の手~ 2013年10月25日発売『ツゴウノイイ家族』 絶賛応援中! バレーコーチんぐ! 応援中!! 家族計画 Re:紡ぐ糸 応援バナー
ちいさな彼女の小夜曲
fortissimo FA//Akkord:nächsten Phase

ペロペロサイミン 裸王伝 ~潤愛の章~

通勤快楽NEO 教え子JK痴漢編


延期

積みタイトル

攻略中


攻略(放置)中

輝光翼戦記 天空のユミナFD -ForeverDreams-(ETERNAL)

せんすいぶ!(Escu:de)

姫狩りダンジョンマイスター(エウシュリー)

らぶデスFINAL!(TEATIME)



積みタイトル(50音順)

○商業

朱 -Aka-

あきばこ 私立アキハバラ学園ファンディスク

アクマでオシオキっ! 丸城戸サド式ヘンタイお仕置き講座

天色*アイルノーツ

アンバークォーツ

委員長は承認せず! ~It Is a Next CHOice~

委員長は承認せず!ファンディスク

WIZARD GIRL AMBITIOUS

うつりぎ七恋天気雨

ELYSION ~永遠のサンクチュアリ~

エンジェルメイド

桜華

Garden

学園☆新選組! ~乙女ゴコロと局中法度~

カミカゼ☆エクスプローラー

カルマルカ*サークル

姦白宣言

輝光翼戦記 銀の刻のコロナ

KISS×300 こんな世界

ギャングスタ・リパブリカ

吸血殲鬼ヴェドゴニア

銀色 完全版

ぐらタン

グリムガーデンの少女 -witch in gleamgarden-

狂った教頭 ~断罪の学園~

狂った教頭No.2 ~この支配からの卒業~

Clover Heart's

黒髪少女隊えくすて!

黒髪少女隊りばーす

恋騎士Purely☆Kiss

恋ではなく

光輪の町、ラベンダーの少女

こなたよりかなたまで

この大空に翼をひろげて

催眠演舞

さかあがりハリケーン

炸裂スイートファイト!

シークレットゲーム CODE:Revice

終末少女幻想アリスマチック

女装で孕ませてっ外伝 ~過去は夕闇色の少女と共に~

私立アキハバラ学園

心輝桜

スイートレガシー ~ボクと彼女のあま~い関係~

Scarlett ~スカーレット~

ずっと!女装で孕ませてっ

SWAN SONG

聖娼女 ~性奴育成学園~

瀬里奈

それは舞い散る桜のように 完全版

大図書館の羊飼い ~放課後しっぽデイズ~

太陽のプロミア

タペストリー -you will meet yourself-

月と魔法と太陽と

妻しぼり

てとてトライオン!

ティンクル☆くるせいだーす -Passion Star Stream-

TRAMPLE ON Schatten!! ~かげふみのうた~ REVOLUTION+

ナギサの

夏神

夏少女

ナツメグ

ナマイキデレーション

にゃんカフェマキアート ~猫がいるカフェのえっち事情~

Noel

ノブレスオブルージュ

Hyper→Highspeed→Genius

果てしなく青い、この空の下で…。

花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ

はぴねす!

はぴねす! りらっくす

遥かに仰ぎ、麗しの

はるのあしおと

バルバロイ -BARBAROI-

~パンツを見せること、それが……~ 大宇宙の誇り

ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~

プリンセスうぃっちぃず excellent

ボーイミーツガール

魔王のくせに生イキだっ!

Magus Tale ~世界樹と恋する魔法使い~

Magus Tale Infinity

町ぐるみの罠 ~白濁にまみれた肢体~

魔法戦士プリンセスティア

魔法戦士スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱~

翠の海 -midori no umi-

もしも明日が晴れならば

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!

もっと 姉、ちゃんとしようよっ! アフターストーリー

ゆのはな

夜明け前より瑠璃色な Brighter than dawning blue for PC

夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle

流星のアーカディア

レコンキスタ

LEGEND SEVEN ~白雪姫と7人の英雄~


○同人

A profile

妹調教日記 √happy end & another

Indigo

艦これ大戦 ~鎮守府日記~

月下之煌

J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~

J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~ Episode:Ave Maria ~アルファベット・チルドレン~

四季の詩 -Poetry of the four seasons-

女装お嬢様への異常な愛情

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 假名手本忠臣蔵編

夏の燈火

ひまわり

冬は幻の鏡

WORLD END ECONOMiCA Episode.3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。