スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レビュータイトルリスト

【レビュー】聖ブリュンヒルデ学園少女騎士団と純白のパンティ ~甲冑お嬢様の絶頂おもらし~

聖ブリュンヒルデ学園少女騎士団と純白のパンティ ~甲冑お嬢様の絶頂おもらし~

ブランド:One-up
シナリオ:カズウミ
原画:オギンバラ
発売日:2013/08/30

詳細はこちら
聖ブリュンヒルデ学園少女騎士団と純白のパンティ


ネタバレと思わしき箇所は伏せてあります。
読まれる方は、お手数ですが反転をお願いします。




▼シナリオ・テキスト
シナリオ、というかあらすじは綺麗に纏まっていて良いと思いますが、シーンが飛び過ぎて理解しにくいです。
とはいうものの最終的には和姦系のラブラブ抜きゲーですし、下手にHシーンと関係ない設定を語られるよりは……

シーンが飛ぶというマクロの話をしましたが、ミクロ単位で見ても描写不足です。
特にアクションシーンはキャラクターがどう動いているのか全く分からない。結局最後までどんな武道をやっているのかが分からずじまいでした。
甲冑武道はヒロインに甲冑を着せるための設定程度だと思って頂けるといいかと。

纏めるとテキストがNG。
そして尺が短い。



▼世界観・雰囲気
甲冑。女子校。
以上。



▼キャラクター・CG
おっぱい盛り過ぎ(褒め言葉)。
と、その巨乳に目が行きがちですが、甲冑は資料読み込んで描いているんだなーと感じるくらい丁寧に描かれています(実際のところは分かりませんが)。

SD絵もかわいいです。

キャラは濃いですが、それを表現するのに描写不足であることは否めないです。やはりテキストの問題かと。



▼Hシーン
尺が短い(二回目)。
テキストは良くも悪くも標準レベルです。

CGは張りがある絵と艶の濃い塗りがマッチして素晴らしい出来ですね。
乳輪も大きめで……基本的に身体のあらゆるサイズがでかいので、人は選ぶでしょう。パッケージの時点で御察し。

『絶頂お漏らし』というサブタイトルが付いていますが、大してお漏らしシチュはありませんでした。アナルシチュの方が目に付いた印象です。

シーン内訳
瑠璃子:8、クラリス:8、エリーゼ:8、幸:5、すもも:6、不二子:5
合計:40



▼音楽・ムービー
特に言及することはありません。



▼システム
割愛。



▼その他
背景にポン太が(過去作ネタ)。



▼総評
64点
※点数について
60点を中央値(佳作)とし、基本的に5点刻みで評価しています。一部、±1点ぶれが入ることもあります。
90点以上なら神作。40点以下なら駄作。

絵は素晴らしい。以上。

テキストをどうにかすれば、他は個人的には好きな部類の作品です。
スポンサーサイト
レビュータイトルリスト

【レビュー】その花びらにくちづけを 天使たちの春恋

その花びらに口づけを 天使たちの春恋

ブランド:ゆりんゆりん
シナリオ:円まどか
原画:会田孝信
発売日:2013/08/30

詳細はこちら
【天使たちの春恋】応援バナー


この作品はシリーズ二作目です。前作のレビューはこちら。
【レビュー】その花びらにくちづけを 天使のあこがれ



▼シナリオ・テキスト
少しだけだけすれ違ったりすることもあるけれど、最終的にはもっと仲が深まる安心感のある、いちゃいちゃ百合ップルストーリーです。
一言で表すといつものその花。もちろん細かい違いは多いですが、根幹はミカ女ラインの方から変わっていません。

今作では嫉妬や惚気等、カップル外の人物が関わってくる展開が多かったです。二人のいちゃいちゃを見るのも良いですが、惚気ている姿を見るのもニヤニヤできるかも?

シナリオのまどかさんの看護観がうかがえるような展開もあり、人との触れ合いが心の温まる物語でした。



▼世界観・雰囲気
看護学校が舞台。ただ看護要素は殆ど存在しない、普通の女学院モノですね。



▼キャラクター・CG
皐のはばからない惚気っぷりは見ていて気持ちの良いくらいですね。同性愛は社会的に秘めたるものという現実思考な方には、今作に関わらずその花作品全体的にオススメしかねるところはありますね。そのように静かに燃える百合も良いですが、百合が公認されているような女学院の雰囲気も好みです。
他にも二組の百合ップルがサブキャラとして登場します。



▼Hシーン
尺は短いですね。数も少ないですし、実用には難があるかも。
ディルド等の道具を使わない非貫通系の百合Hです。貝合わせや前戯が主。

シーン内訳
合計:6



▼音楽・ムービー
割愛。



▼システム
「クリック時に音声を止める」ON/OFFが欲しいですね。私は音声は継続させたい。
読み進める上で困らない程度の機能は実装されています。



▼その他
会田考信さん×円まどかさんの前作『天使のくちづけ』と世界観・時間軸が繋がっています。
正確に言うと、同時に同じ所で起こっている二つのカップルの一つを前作で、もう一方を今作で描いている形式に纏まっています。
前作サブキャラだった二人がメインキャストとなり、前作のメインがサブキャラに、という形。

前作をやっていなくとも楽しめる内容ですが、前作をやっていると。



▼総評
69点
※点数について
60点を中央値(佳作)とし、基本的に5点刻みで評価しています。一部、±1点ぶれが入ることもあります。
90点以上なら神作。40点以下なら駄作。

基本的には従来のその花と同じ内容なのですが。
シリーズ作品が三つ揃ってからもう一回プレイしたら別の楽しさが見つけられそう、そんな作品でした。

作品単体では67、68点くらいのイメージなのですが、評価的にそれらの点は付けられないので……前作との繋がりうんぬんを加点材料に考えてこの評価に。
前作の評価も手直ししてきます。
レビュータイトルリスト

【レビュー】もっと! 女装で孕ませてっ

もっと! 女装で孕ませてっ

ブランド:桃色劇場
シナリオ:群青
原画:鳴戸成人
発売日:2011/01/21

詳細はこちら
『もっと! 女装で孕ませてっ』OHP


この作品はシリーズ二作目です。前作のレビューはこちら。
【レビュー】女装で孕ませてっ



▼シナリオ・テキスト
前作から引き続き「子作りのために女装して女子校に潜入」というまさにヤリゲーの設定がなされています。
今作では主人公を女性と思いこみ慕ってくれる後輩と、性別をだましていることに葛藤する主人公など潜入ものならではの描写がなされています。しかし女装も潜入も必要ないのは前作と同じ。

新ヒロインが増えたことにより、舞依と依里の個別ルートは無くなりました。続編と言うことで、FD的な前作ルート後の恋愛要素などは期待しない方がいいでしょう。
前作では女体化はBADEND扱いで一つでしたが、今作ではそれぞれのENDが男性のままと女体化で分岐し、女体化の呪いの設定をより上手く使えていると思いました。

前作よりノリで飛ばしているところが多く、恋愛描写は軽めになったかも。
どちらが好きかは個人によると思います。私は、そもそもHシーン以外のテキストが少ない低価格抜きゲーなのでどちらにせよ大差ないと感じました。



▼世界観・雰囲気
どたばたコメディ色強め。細かいことは気にしない。



▼キャラクター・CG
前作からのヒロインは前作でインパクトを出しきっており、基本的には新ヒロインに重点が置かれています。
新ヒロイン琉羽依がかわいく思えるかが本作を楽しめるか否かの重要な要素となるでしょう。付きまとい系のヒロインで独占欲が強いキャラクターです。求められる嬉しさがある半面で、他の娘が好きな方には、汚い言い方をするとウザったく感じるのではないかと。



▼Hシーン
着衣H、主人公を映す構図のCGが増え、女装モノとして見ると進化していると言えるでしょう。とは言えこれが女装モノとしては通常のレベルだと思います。
新ヒロイン琉羽依は主人公の男性器を見ても真の性別が分からないくらい性知識が欠如していて、他のヒロインたちは主人公の本当の性別を知っているので、女子校潜入モノとしてはあいも変わらず褒められない出来。

テキスト、尺は普通。特殊プレイはありませんが、主人公受けの数が増えたかもしれません。

シーン内訳
琉羽依:8、亜貴:5、由宇(主人公ひとりエッチ):1、舞衣:1、依里:1、3P(舞依・依里)、ハーレム:3
合計:24



▼音楽・ムービー
割愛。



▼システム
右クリック(ウィンドウ消去)、ホイール(バックログ)が使えるようになり、左クリック以外のマウス操作が可能になりました。
他、一クリックで一文進み、文章表示途中にクリックすると残りを一気に表示など。

最近どころか以前から大抵備わっている普通の機能ですが、前作と比べると大きな進歩と言えるでしょう。



▼その他
ルート制限があり、ハーレムルートはそれ以外のエンディングを一つ迎えてから解放されます。



▼総評
65点
※点数について
60点を中央値(佳作)とし、基本的に5点刻みで評価しています。一部、±1点ぶれが入ることもあります。
90点以上なら神作。40点以下なら駄作。

前作との比較が主になってしまいましたが……低価格で続編と言うことで、質はともかく内容に違いは殆どなく、初めから説明していたら前回の記事と殆ど同じものになってしまうので。と言い訳をしておきます。
その実、私の観察眼と文章力が不足しているだけなのですが。

基本的には進化していると言っていいのではないかと思います。
ただ、前作をやってみて舞依、依里が好きだったと言う方は退化しているように思えるのではないかと。
レビュータイトルリスト

【レビュー】女装で孕ませてっ

女装で孕ませてっ

ブランド:桃色劇場
シナリオ:群青
原画:鳴戸成人
発売日:2010/04/02

詳細はこちら
『女装で孕ませてっ』OHP


続編があります。続編のレビューはこちら。
【レビュー】もっと! 女装で孕ませてっ



▼シナリオ・テキスト
「理由があって女の子を孕ませないといけない」、と言う低価格帯で良く見る抜き特化シナリオ。それに女装やTSを組み合わせた発想力は素晴らしいと思います。
ヤリゲーですし、シナリオの細やかな部分は気にしない方向で評価します。明るめで進みが早い物語で、Hシーンを阻害する要素はないのは低価格抜きゲーとして良いものなのではないでしょうか。

女装主人公・女子校潜入系ですが、女装の必要も潜入の必要も感じない設定なので、潜入シチュエーションを期待しての購入は避けた方がよろしいかと。



▼世界観・雰囲気
コメディ……に入るのでしょうか。シナリオはノリと勢いで進みます。



▼キャラクター・CG
女装主人公はボーイッシュ系ですね。基本的には男勝りな性格&趣味ですが、女々しいところも多く、見た目も合わせて中性的なキャラクターです。
主人公の母親は実は父親だった、というTSキャラで、かつ中途半端に性転換して両性の性器を持つふたなりキャラでもあります。

主人公たち神代の人間は設定も相まってか魅力的でしたが、人形のヒロイン二人はメインのはずなのに印象が薄めです。



▼Hシーン
一番の特徴である主人公の女装ですが、HCGで主人公はほぼ映らず、映されたときは全裸だったりするので女装モノとしては余り嬉しくない内容でした。ボーイッシュな性格もあり、どちらかと言うとHシーンに限ってはショタ主人公モノに近しいです。
主人公のビジュアルがかわいいのが救い。

母親とのHに関しては近親相姦、TS、ふたなり、(服は脱いでいたが)女装と属性盛り合わせで興奮しました。あくどいと感じる方も多いでしょうし、好みしだいかと。

それ以外はプレイ内容も尺もテキストも普通。因みにこんなタイトルではありますが腹ボテは少なめです。
総合的に見ると良くも悪くもなく、という中間評価になります。

シーン内訳
舞依:7、依理:8、亜貴:3、複数:2(うち主人公TS:1)
合計:20



▼音楽・ムービー
割愛。



▼システム
システム周りが極悪。
1クリックで二行進むことがあるのはやめて欲しいです。



▼その他
続編や外伝が3つほどあります。
発売された順番やら時系列がなにやらややこしいです。



▼総評
60点
※点数について
60点を中央値(佳作)とし、基本的に5点刻みで評価しています。一部、±1点ぶれが入ることもあります。
90点以上なら神作。40点以下なら駄作。

低価格だしこんなものかなーと納得できる内容。特に面白くもつまらなくもなく、とても使えるわけではないが全く使えないわけでもない、という普通を地で行くかのような評価に。

女装やTSといったシチュエーション(ただし潜入要素を除く)、原画、声優の何れかが趣味に合えばやっても損はしないかと。
レビュータイトルリスト

【レビュー】乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-

乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-

ブランド:Navel
シナリオ:東ノ助、王雀孫、森林彬、真紀士
原画:鈴平ひろ、西又葵
発売日:2013/07/26

詳細はこちら
2013年7月26日発売のNavel新作『乙女理論とその周辺』を応援しています!


ネタバレと思わしき箇所は伏せてあります。
読まれる方は、お手数ですが反転をお願いします。




▼シナリオ・テキスト
『月に寄りそう乙女の作法』の続編で、大蔵家の物語の完結編(もしくは新たな始まり)となっています。
大蔵一族の新たな人物の登場や、隠された真実が明かされます。前作から引きずっていた衣遠の行動理念などはりそなルートで始めて明かされますが、どのENDでも兄弟・家族間で一定の和解を見せ、展開に強引な点こそあるものの、家族の物語としては締まりのあるストーリーになっていたと思います。
また、大蔵以外の各ヒロインに関しても家族の描写が多く、

一方で、もう一つの柱である服飾の話については、描写が弱く感じました。
りそなルートでは大蔵家の和解を生むための過程として描かれるので、どうしても大蔵家の物語の方に力点が置かれているように思えます。メリルルートではそもそもショーに参加出来るか否かの瀬戸際の攻防の物語で、参加出来れば絶対に勝てるといった安心感が漂っており、服飾そのものに対する勢いが弱く感じました。そしてブリュエットルートではショーの一週間前にENDを迎えるという。
こちらを求めている方は、前作ほどの細かい描写は期待しない方がよろしいかと。

女装主人公・女子校潜入系の作品としては、今作はばれても問題のないヒロインだけだったので、独特の緊迫感にはかけるかと。それでも複数回の主人公シャワーシーンなど、満足のいく内容ではありました。
過去(前作)から女装していたこともあってか、男(遊星)と女(朝日)のスイッチの切り替えが曖昧でなくしっかりとしていて、女装主人公モノの中では独特の魅力を伴ったテキストであったと思います。

日常はギャグ分も多めな一方、海外に出てみて、街の人々(モブキャラ)とのかかわりなどが細かに描かれ、落ち着いた点も見られます。
前作と比べると穏やかになったかな、と思います。キャラクターのインパクトが前作の方が大きかったので(特にメイドたち)。好みは人それぞれですね。ハイスピードのギャグが好みなら前作、落ち着いた雰囲気が好きなら今作。個人的には前作の方が好みです。



▼世界観・雰囲気
舞台はパリへ。とはいえ主人公は学生暮らしのようなもので、ヒロインはお嬢様なので海外だろうと日本だろうと大きな違いはないのですが。
蚤の市など、細かいところでパリらしさが出ています。



▼キャラクター・CG
新キャラクターに加え、前作のヒロインたちも勢揃いで魅力的なキャラクターが揃っています。

和解した後の衣遠兄様は威厳を保ちつつも兄弟思いで、とても良いキャラクターをしていました。私は遊星(朝日)が好きですが、彼の魅力を立たせるキャラクターとしては、尊敬(敬愛)の対象である衣遠兄様とルナ様が一番その役目を果たしているように感じます。
ギャグシーンとしてはユーシェとサーシャのスピーディーな掛け合いが好きだったので、それが少なかったのは残念。

新しい登場人物では、製作班内に敵方を作ったのは良かった点。「疑いの目」として日常の中に細かい人物描写を入れてあるのは好印象でした。



▼Hシーン
多少単調に感じますね。シチュエーションが似通っているのでしょうか。

シーン内訳
りそな:2、メリル:2、ブリュエット:2
合計:6



▼音楽・ムービー
大蔵一族は一人一つBGMがあっても良かったのではないかとも思います。
とはいえBGM数は前作からの引き継ぎと追加分を合わせて十分な数があり、不満はありません。



▼システム
シーンスキップが快適ですね。シーンタイトルが出てくるのは分かりやすくて良いですし、そのタイトルもこじゃれていて好みです。



▼その他
初回限定版の封入特典で、前作『月に寄りそう乙女の作法』のアペンドディスクが付いてきます。①本編に朝日(遊星)ボイス、②各ルートのアフターストーリーが追加されます。
アフターだと各ヒロインの家族との関係が描かれますので、アペンドも含めて本作は家族の物語だった、と纏める事が出来るでしょう。

因みにアフターストーリーではメーカー過去作ネタも豊富で、メーカーファンにも喜ばれる内容になっていたように感じます。



▼総評
81点
※点数について
60点を中央値(佳作)とし、基本的に5点刻みで評価しています。一部、±1点ぶれが入ることもあります。
90点以上なら神作。40点以下なら駄作。

特典による朝日ボイス追加で加点しているので、本編だけで見るなら80点、そんなところでしょうか。本作『乙女理論とその周辺』にも朝日ボイスが入っていれば85点でも良かったのですが。
シナリオが家族の話であり、しかも女装主人公という好みのど真ん中を射抜いてきた作品で、その点でかなり評価を高めています。シナリオの完成度などの点では多少甘いところもあるので、私と好みが違う方は70~75点くらいで考えていただけると幸いです。
レビュータイトルリスト
筆者の日常を綴ったBlogはコチラ
2013年10月購入予定

期待作

うそつき王子と悩めるお姫さま 応援バナー

購入先:未定



購入予定

購入先:ソフマップ


グリグリ応援バナー

購入先:未定


『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

購入先:未定


購入先:未定


HOUND -Targeting Hunting-

購入先:未定


机乙女。

購入先:未定


蒼穹のクレイドル -人形学園調教記

購入先:未定


購入済


購入候補

『ココロ@ファンクション!』 「ひなたのつき」応援バナー 通勤痴漢電車 アキバ行き ~女子校生に這い寄る無数の手~ 2013年10月25日発売『ツゴウノイイ家族』 絶賛応援中! バレーコーチんぐ! 応援中!! 家族計画 Re:紡ぐ糸 応援バナー
ちいさな彼女の小夜曲
fortissimo FA//Akkord:nächsten Phase

ペロペロサイミン 裸王伝 ~潤愛の章~

通勤快楽NEO 教え子JK痴漢編


延期

積みタイトル

攻略中


攻略(放置)中

輝光翼戦記 天空のユミナFD -ForeverDreams-(ETERNAL)

せんすいぶ!(Escu:de)

姫狩りダンジョンマイスター(エウシュリー)

らぶデスFINAL!(TEATIME)



積みタイトル(50音順)

○商業

朱 -Aka-

あきばこ 私立アキハバラ学園ファンディスク

アクマでオシオキっ! 丸城戸サド式ヘンタイお仕置き講座

天色*アイルノーツ

アンバークォーツ

委員長は承認せず! ~It Is a Next CHOice~

委員長は承認せず!ファンディスク

WIZARD GIRL AMBITIOUS

うつりぎ七恋天気雨

ELYSION ~永遠のサンクチュアリ~

エンジェルメイド

桜華

Garden

学園☆新選組! ~乙女ゴコロと局中法度~

カミカゼ☆エクスプローラー

カルマルカ*サークル

姦白宣言

輝光翼戦記 銀の刻のコロナ

KISS×300 こんな世界

ギャングスタ・リパブリカ

吸血殲鬼ヴェドゴニア

銀色 完全版

ぐらタン

グリムガーデンの少女 -witch in gleamgarden-

狂った教頭 ~断罪の学園~

狂った教頭No.2 ~この支配からの卒業~

Clover Heart's

黒髪少女隊えくすて!

黒髪少女隊りばーす

恋騎士Purely☆Kiss

恋ではなく

光輪の町、ラベンダーの少女

こなたよりかなたまで

この大空に翼をひろげて

催眠演舞

さかあがりハリケーン

炸裂スイートファイト!

シークレットゲーム CODE:Revice

終末少女幻想アリスマチック

女装で孕ませてっ外伝 ~過去は夕闇色の少女と共に~

私立アキハバラ学園

心輝桜

スイートレガシー ~ボクと彼女のあま~い関係~

Scarlett ~スカーレット~

ずっと!女装で孕ませてっ

SWAN SONG

聖娼女 ~性奴育成学園~

瀬里奈

それは舞い散る桜のように 完全版

大図書館の羊飼い ~放課後しっぽデイズ~

太陽のプロミア

タペストリー -you will meet yourself-

月と魔法と太陽と

妻しぼり

てとてトライオン!

ティンクル☆くるせいだーす -Passion Star Stream-

TRAMPLE ON Schatten!! ~かげふみのうた~ REVOLUTION+

ナギサの

夏神

夏少女

ナツメグ

ナマイキデレーション

にゃんカフェマキアート ~猫がいるカフェのえっち事情~

Noel

ノブレスオブルージュ

Hyper→Highspeed→Genius

果てしなく青い、この空の下で…。

花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ

はぴねす!

はぴねす! りらっくす

遥かに仰ぎ、麗しの

はるのあしおと

バルバロイ -BARBAROI-

~パンツを見せること、それが……~ 大宇宙の誇り

ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~

プリンセスうぃっちぃず excellent

ボーイミーツガール

魔王のくせに生イキだっ!

Magus Tale ~世界樹と恋する魔法使い~

Magus Tale Infinity

町ぐるみの罠 ~白濁にまみれた肢体~

魔法戦士プリンセスティア

魔法戦士スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱~

翠の海 -midori no umi-

もしも明日が晴れならば

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!

もっと 姉、ちゃんとしようよっ! アフターストーリー

ゆのはな

夜明け前より瑠璃色な Brighter than dawning blue for PC

夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle

流星のアーカディア

レコンキスタ

LEGEND SEVEN ~白雪姫と7人の英雄~


○同人

A profile

妹調教日記 √happy end & another

Indigo

艦これ大戦 ~鎮守府日記~

月下之煌

J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~

J.Q.V 人類救済部 ~With love from isotope~ Episode:Ave Maria ~アルファベット・チルドレン~

四季の詩 -Poetry of the four seasons-

女装お嬢様への異常な愛情

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 假名手本忠臣蔵編

夏の燈火

ひまわり

冬は幻の鏡

WORLD END ECONOMiCA Episode.3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。